車検でかかる費用は?どのくらい必要?安く上げるには?

車検の費用で、車検基本料とは?

車検の費用は、車検基本料と法定費用の合計金額で構成されています。その中の車検基本料とは何かというと依頼された業者の手数料=儲け分になるわけで、この中には24ヶ月点検整備、検査代、代行手数料等が含まれています。それ以外に修理が必要な場合、部品交換やオイル交換、タイヤ交換等の費用が加算されることになります。そこで車検をできる限り、安く上げるには、どうしたらよいでしょう。安くするためには、この車検基本料が安い業者に依頼するのが一番良いわけです。

車検の費用で、法定費用とは?

車検の費用で法定費用とは、自賠責保険料と重量税、印紙代のことです。法定費用ですから、どこで車検を受けようが同じ費用がかかることになるわけです。実際にかかる費用は、車種によって異なるのと、エコカーや13年経過車によっても費用は異なります。もちろんのこと、エコカーの方が減税されているわけですよ。軽自動車で比較すると、エコカーは-1,600円、13年経過車は+1,000円になります。重量が増える程差額も増えることになります。

車検業者で安いのは?

車検業者の種類は、ディーラー車検、車検専門フランチャイズ車検、民間整備工場車検、カー用品店車検、ガソリンスタンド車検、ユーザー車検、車検代行と様々あります。一番安いのは、もちろんのことユーザー車検です。法定費用のみになりますからね。それでは次に安いのがどこになるのでしょう。それは、車検代行です。車検基本料が大体10,000円~30,000円ぐらいになります。一番高いのはディーラー車検で車検基本料が大体40,000円~100,000円なります。車検を安く上げたい場合は、複数の業者に見積もり依頼して比較して決めるのが一番です。いや、安くなくても、しっかり見てもらいたいと思うのであれば、やはりディーラー車検でしょう。

車を所有すると定期的にやってくる車検ですが、毎回万円単位の費用がかかります。整備費用などのほか、代行費がかかっているのです。これを抑えたい方にはご自分で検査場に行くことをお勧めします。